運営者情報

運営者プロフィール

斉藤 稔

29歳

こんにちは。

第二新卒転職のABCの管理人、斉藤です。

このサイトは、私の体験や今の仕事を通じて得たノウハウを第二新卒の転職希望者へ紹介する為に立ち上げました。

人事部の採用担当としてかれこれ6年働いていますが、じつは私も”第二新卒の転職”で今の職場にたどり着きました。

簡単な経歴をご紹介させてください。

 

就職難の時期になんとか新卒で入社

8年前、私立のふつうの大学で就活を開始。

当時はリーマンショックの後で、かなり内定までのハードルが高い時期でした。

私は、在学中から人事部で働きたいという強い想いがあり、人事部勤務を志望して何社も面接を受けました。

人事部を志望した理由としては、昔から人と話をする事が好きだったこと、とにかくいろいろな人たちの人生や価値観に触れることが楽しいと感じていたからです。

履歴書や面接でも、一貫して「人事部で働きたい!」という希望を伝えながら、ようやく東証一部上場の規模の大きな企業から内定をもらいました。

しかし、3月の末、入社式直前に人事から伝えられた配属先は「営業職」でした・・・・

 

 

2年間、営業として社会人の基礎を叩きこまれる

全く予想していなかった営業部への配属。私の働いていた会社は電子部品系のメーカーでしたが、私は文系卒という事もあり自社製品の事が全然わかりません。

「そもそも電子回路って何?食えるの?」という知識レベルです。

6か月間は4年目の先輩とマンツーマンでOJT指導をしてもらい、全体研修を受けながらも先輩の担当客先へ一緒に訪問してまわりました。

この会社は、言い方が少し悪いかもしれませんが、少し古い慣習の残る会社、つまり超体育会系でした。

毎週毎週仕事が終われば死ぬほど酒を飲まされたり、時にはお客様との会食(接待)に参加させてもらったりもしました。

営業での2年間はとにかくキツかったですが、お客様と接する時の態度や酒席でのマナー、言葉づかいなどを徹底的に叩きこまれました。

今振り返ってみると、この2年間で教わった社会人としての基礎的なマナーや対外的な礼儀などが、ものすごく役に立っていると思います。

 

 

営業活動の喜びと捨てきれない人事への夢のはざまで・・

あっという間に1年が経ち、営業2年目になる頃には独りでお客様の担当を任されて営業活動に明け暮れる日々。

まだ2年目になったばかりでしたが、自社の製品のアピールポイントを身に付け、お客様に提案して受注を頂いたり、時には自社のアジア各国にある工場へお客様と一緒に監査へ行ったり・・・

私自身、営業マンとして「仕事を得る喜び」を感じながら充実して働く毎日でした。

最初は不満に思っていた古い慣習の社風にもすっかり慣れてしまい、何も感じなくなっていました。慣れって怖いですよね(笑)

でも、どうしても心の奥に残っている「人事で働いてみたい」という想いは捨てきれませんでした。

じつは、1年目から上司や先輩には内緒で人事部へ「異動の希望」を伝えたりしていたのですが、結局営業のままでした。

 

 

転職を決意。転職活動を開始

2年目の9月、私は人事部で働ける会社に出会う為に転職を決意し、転職活動を始めました。

よく、「石の上にも3年」と言われるように、最低3年間は働かないとまともな会社が採用してくれないのでは?と思うかもしれませんが、その時私の考えは全く逆でした。

【営業から未経験の人事へ職種を変えるなら、今しかない】

このまま、営業マンとして3年、4年、5年と働いていけば、きっと転職先も営業職しか見つからないだろうし、違う職種で転職するなら3年働く前が勝負だ!と考えました。

それから6か月間、転職エージェントに何社か登録してキャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動を行い、最終的に今の会社での人事部配属の内定を頂けました!

このころの、第二新卒での転職活動の進め方や進め方については別途、くわしくこのサイトでご紹介しようと思います。

 

 

念願の人事部採用で新たなキャリアのスタート

新しい会社は、社風も前の会社とは全然違い、最初は苦労しました。

営業マンとしてマナーと礼儀を叩き込まれていたので、過剰なくらいの礼儀や気の使い方で上司に『やりすぎ(笑)』と言われたことも・・・

社会人的には3年目で新たな会社での再スタートとなりましたが、第二新卒枠を設けている会社だった為、研修なども充実しており、一から研修や教育をやってくれました。

今は、この会社で人事として6年間勤め、いろいろな経験をしながら日々成長を実感してやりがいを感じながら仕事をしています。

この6年間で面接をした転職者は1,000人を超え、時には海外の現地子会社へ出張し、現地スタッフの採用選考をサポートしたりもやっています。(海外就職のアドバイスも得意です)

今も弊社では中途採用者の採用を通年で行っていますが、中途採用は私がメインで担当しており、取引のある転職エージェントには『第二新卒の転職者をどんどん紹介してくれ!』とオファーしています。

もしかしたら近い将来、このサイトを見て転職を決意した第二新卒の方が弊社に面接に来て頂けるかもしれませんね(笑)

 

第二新卒での転職は、「決断してからのスピード」がとても大切です。自分が”第二新卒”として扱ってもらえる短いわずかな時期に、転職活動を進めなければなりません。

また、第二新卒の転職者に企業が求めているのは、即戦力ではなく【社会人としての基礎を身につけていて、前の会社に染まっていない人材】です。

転職を検討されている20代の方の為に少しでもお役にたてるコンテンツを提供できるようにがんばりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

>>お問い合わせはコチラのページからお願いします

更新日:

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.