第二新卒転職コラム

【人事の本音】第二新卒枠で内定をもらえる人とお断される人の違い

投稿日:

第二新卒で内定を取れるのかどうかが、心配な人もきっと多いことでしょう。

貴重な第二新卒と呼ばれる時期ですから、この時期を逃すことはとにかくもったいないといえます。

そのことを十分に理解しているからこそ、内定をもらえるかが心配なのではないでしょうか。

ですが基本的に、真っ当な対策を取れば、第二新卒で転職に失敗することはないので安心してください。

今回は第二新卒枠で内定を出す人とお断りする人の違いについて、現役の人事担当者の目線でくわしくご紹介します。

 

第二新卒枠で内定をもらえる人とお断りされる人の違いとは?

第二新卒枠で内定が出る人と出ない人には決定的な違いがあります。

それは「前向きであること」であったり「受け答えがしっかりできるか」というところ。

企業が第二新卒者に求めるのは、新卒者よりもすぐに戦力になれるかどうかという点に限ります。

ここが新卒者と同じか、それ以下の能力しかないのであれば、いくら採用されやすい第二新卒者といえどお断りされるのは当然です。

このあたりは先天的なものもあるとはいえますが、努力次第でなんとでもなることばかりでしょう。

 

第二新卒者で内定を断られるのは直すべき問題があるから

そもそも第二新卒は若手が足りていない中での貴重な20代の戦力であり、これからの成長を期待されていることから、職歴が短くても採用される有利な立場です。

第二新卒という採用枠が登場するまでは、経験のない若者がとても不利な立場だといわざるをえませんでした。

以前であれば、職歴3年以上の経験者と同じ土俵で勝負しなければならないうえに、土俵に上がる以前に「短期離職者」という偏見があったのです。

「3年未満で会社を辞める人材は信用できない」という考えが一般的で、書類選考ですら通過できない難しい時代もありました。

現在では急激な若手の人材不足から、第二新卒の若者を求める企業が急増したため、転職活動をしやすいのです。

この有利な状況で内定が出ない人は、書類や面接に何らかの問題があるということでしょう。

 

第二新卒で内定が出でない人の特徴とは

第二新卒の転職希望者で、内定が出ない人の行動パターンを紹介します。

自分ではできていると思っていてもできていない場合も多いですので、一つずつ確認してみてください。

 

内定が出ない理由①すぐ辞めるそうな人と感じる言葉を話す

第二新卒枠で内定が出にくい人は、すぐ辞める人というレッテルを張られやすい言葉を話します。

第二新卒ですぐ辞める人とは、ずばり人間関係に不満があると話すタイプの人。

人間関係の不満を第二新卒者が話すと、採用担当者にこう考えるものです。

「人間関係を理由に転職を希望しているのか。どこに行っても同じ壁はあるものだから、うちにきても同じ理由で辞めるだろうな。」

なぜなら退職理由を尋ねる際に、多くの第二新卒が人間関係を理由に退職していくことを知っているから。

第二新卒の場合にはとくに気を付けて欲しいのですが、企業が期待しているのは、若者ならではのポジティブで前向きな姿勢です。

まだ職歴も浅い第二新卒には、どんな場所でも負けずに仕事を進めていく、ポジティブさを期待しているということ。

そのような期待のニーズがあるのにも関わらず「人間関係が辛いから転職したい」と面接の場で聞くと、一気に警戒されてしまうことでしょう。

人間関係に不満がある、という言葉は面接では禁句です。

 

内定が出ない理由②背中が丸った頼りない雰囲気

猫背気味の人は、残念ながら内定を勝ち取りにくいものです。

猫背の人が面接会場でどう見えるのかというと、自信がなさそうでなんだか頼りない雰囲気。

面接の場だけでいいので、猫背を解消しましょう。印象が悪いですよ。

見た目で判断してはいけないとはいいますが、人は見た目が9割です。

身だしなみがしっかりできている人、清潔感のある人、自信のありそうな人、こんな雰囲気はだれでも演出できるもの。

そもそも企業が第二新卒に期待しているのは、若くて気力に満ちた若者です。

同じスペックの面接者が同時に来た場合、猫背で背中が丸まっているだけで除外されてしまうでしょう。

転職エージェントの模擬面接などでも、猫背は確実に指摘されるものですよ。

 

内定が出ない理由③挙動不審な態度

第二新卒の若者に企業が期待しているのは堂々とした態度です。

面接の場に登場する前の段階、たとえば面接会場の待合室に向かう途中なども気を付けるようにしてください。

挙動不審な態度ではいけません。

面接会場に入るまでの間に、やたらとフラフラしていたり、何を考えているのかわからないような態度は避けてください。

また面接中に挙動不審ととられる態度で多いのは、面接官と視線を合わせないことです。

とくに役員面接では絶対に気を付けて欲しいのですが、社長や会長といった役職者が言葉を発するときは、その人の目をしっかりと見るようにしてください。

些細なテクニックですが、年配の経営者は目線で話をしっかり聞いているかを判断しています。

最近は役員と目を合わせて話せる若者が減っていると言われます。

視線を斜めに落としたりするのではなく、面接官の目をしっかりと見据えて話を聞くようにしてください。

厳しい質問に回答する時も同様です。むしろそんな時こそしっかりと目線を上げて話しましょう。

しっかりと相手の目を見ながら、力強く回答を行うようにしてください。

 

内定が出ない理由④面接の場や待合室での貧乏ゆすりはご法度

面接会場に入るまでの間に、待合室で待ちますが、貧乏ゆすりはご法度です。

貧乏ゆすりをしていると、自信や余裕がなく見えます。

大半の人が貧乏ゆすりをする人だけでなく、音にも不快感を持つ場合が多いです。

 

内定が出ない理由⑤受付や守衛に横柄な態度を取る

会社の入り口には受付があります。

本社ビルであれば女性社員が担当している場合もありますし、大手の工場であれば入り口に警備室があり、そこで受付をして面接会場に入ることになるでしょう。

警備員さんと人事部は、じつはよくつながっているのをご存知でしょうか?

とくに24時間操業の会社の場合は、警備員に社員の様子をチェックしてもらい、報告してもらうという形をとる人事部は多いです。

報告書だけでなく、それを受け取る際にもコミュニケーションをとる機会が多いため、必然的に仲良くなるもの。

人事部が全員を見渡し続けることはできませんが、警備員であれば24時間社員の様子を見渡し続けられますよね。

社員の様子に異変があれば、真っ先に察知してくれる存在。

面接に関わる人事担当者は、彼らの情報を頼りにしているものです。

そんな受付に対して横柄な態度をとってしまえば、たとえ面接者であってもすぐに人事へ情報が流れます。

会社の受付や守衛さんに横柄な態度を取らないように気を付けてください。

 

内定が出ない理由⑥言葉遣いが荒っぽい・敬語が使えない。

言葉遣いが荒っぽくて得になる職種はありません。

工場の現業職などは気が強い人材でないと仕事場でやっていけないこともあり、多少言動が荒っぽくても採用される可能性があります。

ですが事務職を筆頭とした、ホワイトカラーの職種の場合はとくに気を付けましょう。

とくに若者言葉には気をつけるようにしてください。

面接官自身が若者の場合は気にならないかもしれませんが、年配の面接官が相手なら、言葉遣い一つで落とされてしまう恐れが高いです。

一次面接は若手の人事担当者が出てくるケースも増えていますが、二次面接以降になると、年配の人事課長・部長クラスが出てくるのがふつう。

敬語を崩すことなく、若者言葉に注意するようにしてください。

 

内定が出ない理由⑦言葉のキャッチボールができない

第二新卒の転職希望者の方で多いのは、言葉のキャッチボールができていないケースです。

なぜダメのかはわかると思いますが、言葉のキャッチボールができていない人は、当然コミュニケーション能力が低いと判断されます。

とくに一番面接の場で避けて欲しいのは、聞かれてもいないことを一方的にベラベラと話してしまうことです。

聞かれてもいないことを話過ぎると悪い印象がつくのは当たり前。

ちなみにベラベラ話過ぎるのは、年配の面接官が一番嫌うタイプだといえます。

熱く語るのは良いですが、あくまでも聞かれたことに対して適切な答えを返していくのが正解です。

 

内定が出ない理由⑧あいさつができないのは一発アウト!

仕事は挨拶にはじまって挨拶に終わるといわれます。

挨拶はそれほど大切なコミュニケーションの基本です。

面接室に案内してくれる受付の方にも、必ず挨拶をするようにしてください。

もちろん面接室に入室する際にも、かならず面接官に一声だけでいいので挨拶しましょう。

面接の場だけでなく、入社後にもよくあるものですが、新人が挨拶をしないというだけでトラブルに発展します。

新人が挨拶をしないだけで「なぜ挨拶もできない人間を採用したのか?人事部は何を考えているのか?」というクレームを受けるものです。

社内で挨拶できないのなら、取引先にはさらにできないことでしょう。

そんな人がいい仕事ができるかといえば、だれが考えても「ノー」ですよね。

挨拶はそれほど大切なものです。

 

内定が出ない理由⑨ニオイケアができていない

煙草やニンニク、香水の不快な臭いには注意してください。

面接の前に緊張で煙草を吸い過ぎて、強烈なニオイ放つ人はよくいます。

面接官が煙草を吸う人であれば気にならないとおもいますが、非喫煙者なら強烈な不快感を感じる人もいるものです。

私は喫煙者なのでとくに煙草の匂いは気になりませんが、同席した人事部の女性は、臭いに敏感な方でとても怒っていたのを覚えています。

最近ではアイコスのように、紙巻煙草よりも臭いの少ないタイプも登場していますよね。

もしも面接まで我慢できないようであれば、アイコスなどのような臭いの少ない煙草を吸うなどの工夫をしましょう。

もちろんアイコスでも不快感を示す面接官もいるので、究極的には面接前に吸わないのが基本です。最近では喫煙者は採用しないという方針の会社も増えてきました。

また食事にも気を遣いましょう。とくに最悪なのはニンニクの臭いです。

これだけで印象を悪くしてしまうため、間違いなく避けるべき。

そして面接時に香水はNGです。それだけで落とされる恐れは5割増ですよ。

 

内定が出ない理由⑩やりたい仕事が明確でなく目標がない

やりたい仕事が明確でなく、はっきりしたも目標がない場合は面接で落とされやすいです。

どうしてもやりたい仕事があるからこそ転職するのが当たり前でしょう。

やりたい仕事が明確でなかったり、達成したい目標がないのであれば、何のために転職をしたいのかの真意がわからず落とされる恐れが高いです。

転職理由は面接官を納得させられる内容を準備してください。

 

内定が出ない理由⑪労働条件へのこだわりが強すぎる

労働条件は誰もが気になる部分ではありますが、あまりにもこだわり過ぎても落とされてしまうでしょう。

なぜなら労働条件は、個人に合わせて変えられるものではないからです。

会社は組織として活動をしていますから、実績のない第二新卒者に高い待遇与えられません。

労働条件に執着し過ぎると、確実に候補から外れます。

自分が会社の立場になればわかるはずです。

ほぼ未経験で能力がないにも関わらず、入社前からあれこれと条件提示をする求職者をほしいと思いますか?

 

内定が出ない理由⑫早口で話してしまう人

早口で面接官の質問に答えるのではなく、ゆっくりと確実に面接官の質問に答える必要があります。

あまりにも早口で話をしてしまうと、かえって自信なさげに見えてしまう上に、頼りない印象を面接官に与えてしまいます。

ゆっくりと適性なスピードで言葉を話す練習をするように心がけましょう。

 

第二新卒で内定が出る人の特徴

第二新卒で内定が出る人の特徴をご紹介いたします。

 

内定が出る人①時事問題にしっかりと目を通している!

面接時に時事問題について聞かれることがありますが、これは経済情勢や社会にどれくらい興味関心を持っているかを確認するための質問です。

時事問題への関心は常に持つようにしてください。

とくに事務職を筆頭としたホワイトカラー職種の仕事は、情報をどれだけ集められるかで勝敗が決定するものです。

昨今の時事問題について聞かれたときに、即座に答えられるように、普段から新聞などのメディアに目を通すようにしておいてください。

 

内定が出る人②清潔感がある

面接時に大切なのは清潔感です。

第二新卒での面接時で落とされる方に目立つのが、髪の毛が長すぎる人です。

年配者は短髪を好む方が多いので、普段から意識して清潔で長すぎない髪形にしておくことが大切です。

強制をされるものではなくても、髪の毛の長さは社会人ならこだわるところではないですよね。

もちろんそれ以外の身だしなみも大切です。

 

内定が出る人③アピールポイントを絞って自己PRをできる

自己紹介や自己PRを面接時に行う際に、しっかりと対策をしてきていれば説得力のあるアピールができるでしょう。

練習してきているかどうかはすぐに分かります。

短く要点を絞って説明する能力は、面接時に抜群の威力を発揮します。練り込まれた自己PRをするようにしてください。

 

内定が出る人④やりたいことと目標が明確である

転職後に挑戦したい仕事と達成したい目標が明確な場合も内定が出やすいです。

先述した内定が出ない第二新卒とは真逆のタイプです。

たとえば、営業職に第二新卒として転職したいという場合においては、なぜ営業職の仕事をしたいのかとどのような目標を持って働きたいのかなどを明確に話せないといけません。

自分自身が将来どのような社員になりたいのかまでを話せるようにしておいてください。

 

内定が出る人⑤堂々とした態度

堂々とした態度の人は横柄に見えそうですが、面接の場では堂々とした態度が良い印象を与えるものです。

そもそも堂々としていることと、横柄なのはまるで違います。

自信なさげな人よりも、自信満々な第二新卒の方が面接では有利です。

たとえば社内で仕事を一緒にする場合、自信なさげな人に仕事をお願いしたくないですよね。

やはり堂々とした人に仕事を任せたいものでしょう。

面接の基本は、面接官が一緒に仕事をしたいと感じるかどうかです。

面接官が「この子はいいぞ!」と内定を出せるように堂々とした態度で面接に挑むようにしてください。

 

内定が出る人⑥前職で身に付けたスキルをアピールできる

第二新卒は新卒とは違い、あくまでも中途採用者です。

経験者にスキルこそ劣るものの、新卒者よりも頼りにならなければ採用メリットはありません。

少ない職歴の中でも、身に付けたスキルを活かせる職種を選んで転職活動をすれば内定が出やすいです。

若くて職務経験が短いとはいえ、次の仕事に繋がるスキルを面接の場でアピールするように心がけてください。

前職で身に付けたスキルを活かそうとすると、かならず活路が開けますし、内定が出やすいのです。

 

内定が出る人⑦新卒と第二新卒の違いをはっきり認識している

新卒と第二新卒の違いをはっきりしている人も早期に内定が出ます。

企業が第二新卒に求めているのは、社会人としての最低限のビジネスマナーです。

新卒と同じような態度で面接に挑んでしまうと失敗します。

第二新卒なので新卒とは違い、発言には論理性が必要です。

新卒時の面接のようにザックリとした志望動機や自己PRを述べるのではなく、これまでの社会人経験を活かして自分を売り込みましょう。

 

内定を獲得するのに最も大切なことは相手への気遣い

第二新卒者が内定を掴み取るためには、相手の立場に立って面接を受けるようにしてください。

第二新卒が希望する会社から内定を手に入れるために、最も重要なことは気遣いです。

面接官は面接をするとき「この人ならうちの会社で活躍できる」と思う人材に内定を出します。

清潔感のない人材や、志望動機があやふやでネガティブな人と一緒に働きたいと思いますか?

会社はチームワークで成り立っているため、あまりにも協調性のない態度や清潔感のない服装で面接に来られると、それだけで即落とします。

またコミュニケーションを取れない人材とも仕事をしたくありません。

人の話を効かずに、一方的に意見を言う人や話を聞かない人と仕事をしたいと思いますか。

自分が面接官だったらどう判断するだろうかという基準で面接には望んでください。

このサイトでは他にも第二新卒の転職に焦点を当ててくわしく転職ノウハウをご紹介しています。

詳細は下記の記事一覧からぜひチェックして見てください。

>>第二新卒の転職ノウハウの記事一覧へ

-第二新卒転職コラム
-,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.