第二新卒転職体験談

第二新卒でネットワークエンジニアの仕事に転職しました【体験談】

投稿日:

前に勤めていた会社は、ベンチャーだったのですが、やりがいのある仕事を任せてもらえない物足りなさを感じます。

入社したばかりなので仕方ないことかもしれませんが、誰でもできるような事務作業しか与えられていませんでした。

それでもがんばって働いていれば、責任のある仕事を任せてもらえると思ってがんばっていましたが、1年経ってもずっと同じ業務しかさせてもらえなかったのです。

そして、働いているうちに、もっと刺激のある会社に移りたいと思ったのが、第二新卒での転職のきっかけでした。

親からは、最低でも3年は勤めなさいと言われていましたが、周囲からは卒業から3年以内であれば第二新卒として転職できるので有利だと言う声が多く励まされたことを覚えています。

 

ネットワークエンジニアになりたい!

私は、以前からネットワークエンジニアの仕事に興味を持っていました。ネットワークエンジニアは、通信インフラの構築や維持管理をする仕事です。

通信インフラを支える仕事は、将来性があり安定していると耳にしたこともありました。しかし、当時の私には簡単なプログラミングの知識しかありませんでした。

知識が乏しい私でもネットワークエンジニアに転職できるのか不安な気持ちの方が大きかったです。

転職活動は、1人暮らしをしていたので、在職中に行っていました。仕事を辞めてすぐに転職できるとは限らないので、収入が約束されている状態の方が精神的にも良かったと思います。

 

転職サイトには複数登録してリサーチ

それから、転職サイトには複数登録して、条件の良いネットワークエンジニアの仕事が見つかるようにしました。

登録した転職エージェントのコンサルタントから、第二新卒者の方が社会経験があってやる気があるとみなされている傾向が強いので、新卒者よりも採用されやすいと言われてやる気が出たことははっきり覚えています。

それから、ネットワークエンジニアの経験がなくても、下積みをして少しずつ仕事を覚えていけることや、覚えた内容はずっと使える内容だといったことも聞き安心しました。

また、私は1年間アメリカに留学していた経験があるのですが、ネットワークエンジニアの仕事では語学力の高さが買われることも多いため、留学経験やTOEFLの点数などもアピールポイントになるようです。

 

具体的な転職活動の進め方

転職活動は、休憩中や仕事が終わってから転職サイトの担当者とメールや電話で連絡を取り合って、面接する会社を決めます。

面接が決まったら、仕事が休みの日に面接に行ったり、有休を取って面接に行きました。体力的に疲れますが、逆に限られた時間の中で動いた方が効率がいいとも考えられると思います。

担当者の言っていたように、ネットワークエンジニアは需要が足りていないので、どこへ面接に行っても好感触。

面接で退職理由を聞かれた場合は、現在勤めている会社の不満になったり、自分の能力不足と取られないように気を付けながら、やりがいのある仕事をしたいということをアピールするようにしました。

たとえば、もっと責任のある仕事をしたいといったように、やる気や将来性を感じてもらえるような転職理由を考えて話しました。

面接官に不快な思いをさせたり、ネガティブな思考を抱かせないように配慮することが大切だと思います。

また、どうしてネットワークエンジニアの仕事をしたいのか等についても、事前にきっちりと理由を考えて対策しました。

面接のシュミレーションは、事前に転職エージェントのコンサルタントの方と何度も練習を行いました。

新卒の時と違って、社会経験を多少なりとも積んできたことを上手くアピールするためにも、堂々とした受け答えをするように心がけました。

 

10社中7社内定の好成績!

お陰で、5ヶ月の転職活動で、10社中7社のから内定をもらうことができました。

・・・給料は、若干下がりましたが、待遇は以前よりも良くなりました。なによりも希望していたネットワークエンジニアの仕事に就くことができて満足しています。

転職のタイミングは、転職サイトのスタッフさんが、上手く調整してくれたので、どちらの会社にも迷惑を掛けずに転職することができました。

ネットワークエンジニアに転職してからは、自分が必要とされている、需要がある仕事だと日々実感しています。

技術の習得に関しては、サポートが充実しているので、分からないことも先輩から丁寧に教えてもらうことができます。

現在、大手ネットワーク機器メーカーの認定資格を取るための勉強をしていますが、受験料の補助を出してもらうといったサポートもあります。

ネットワークエンジニアの仕事は、社会に欠かすことのできないインフラに関わるという社会貢献への実感がありやりがいを感じます。

 

やりたいことがあるなら行動したほうがいい!

新卒で入社して、すぐに仕事を辞めると、転職してもまたすぐに辞めるんじゃないのかと思われてしまいそうで不安に思っている人は多いと思います。

しかし、第二新卒という枠の中で転職できるのは、人生で1度きりです。

本当にやりたい仕事が他にあったと気付いた人や、仕事に不満を感じている人は、第二新卒として転職してみることをおすすめします。

もし、転職ができなかったら、腰を据えてそのまま働き続ければいいのです。

-第二新卒転職体験談
-, , , ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.