第二新卒転職ノウハウ

第二新卒の転職活動・就活の服装はリクルートスーツでOK!

投稿日:

第二新卒者が転職活動をするときに、悩むことのひとつに服装が挙げられます。

新卒時にはだれもが一律でリクルートスーツを着ていたはずです。

では第二新卒では、どんな服装ならOKなのでしょうか。

この記事では、第二新卒の転職希望者が最低限気を付けるべき身だしなみについて、現役の人事マンがくわしくご紹介します。

 

第二新卒の就活の服装は受ける企業に合わせる

基本中の基本として、面接を受ける予定の企業に合わせた服装を選ぶように心がけましょう。

夏でもネクタイを着用しているような会社もありますし、反対に夏場は完全にクールビズにしており、面接の場でスーツを着ているだけで浮いてしまうような職場も存在しています。

面接時に選ぶべき服装が、スーツかカジュアルな格好かを判断するためには、転職エージェントに服装についての確認を事前に行いましょう。

または企業の採用ホームページをチェックすると、クールビズ制度などについての情報がある場合も。

とくに社員が採用ページに前面に出ている会社の場合には、普段その会社の社員がどのような服装で仕事をしているかを把握するチャンスです。

とくに気を付けて頂きたいのは、ベンチャー企業の面接時の服装。

自由な社風を売りにしている会社では、スーツ姿で減点されることはありませんが、印象としては良くない印象を与える可能性があります。

ベンチャー企業は、とくに服装を自由にすることで社風の自由さをアピールする傾向にあり、面接官がカジュアルな格好で面接選考に現れることも。

面接官がカジュアルな半袖シャツを着ている面接の場で、ばっちりとスーツを着込んで面接に行くと浮いてしまったり、面接官に必要以上に気を遣わせてしまいます。

相手の会社に合わせるという気持ちを持つようにしましょう。

逆もまた然りで、古い日系企業などでは、面接官は夏でも長袖にスーツをしっかりと着込んでいます。

ガチガチの古い会社に面接を受けに行くときには、同じようなスーツで面接に挑むことが大切です。

面接官がしっかりと正装をしているにも関わらず、ラフな格好で面接に挑めばこれもまた浮いてしまいます。

 

面接時の服装を見極める方法を伝授!

面接時の面接官の服装がその会社のイメージです。

面接時の服装を応募先企業に合わせる方法としては、採用ホームページで社員紹介をチェックするか、転職エージェントに尋ねるのがやっぱりいちばん!

転職エージェントを経由する場合は、服装などに強いこだわりのある企業なら、かならず先に情報を伝えてくれます。

面接時の服装で減点などは滅多にありませんが、それでも受ける会社に面接時の服装を合わせることで、じゅうぶん好感を得ることができるでしょう。

採用ホームページに普段の社員の仕事の様子が掲載されている場合には、どのような服装で仕事をしているのかをしっかりとチェックしてください。

普段仕事をしている様子を記載するということは、それだけ服装などの雰囲気をオープンにして、選考時に活かしてほしいという考え方で公開していることもあります。

とくに最優先で志望している会社であれば、企業が発信している情報をできるだけしっかりとキャッチしてあげてください。

面接の前段階での情報収集手段として、採用ホームページに公開されている情報はとても貴重です。

 

第二新卒の転職活動はリクルートスーツでOK!

第二新卒の場合には、スーツがそれほど高級なものでなくても問題ありません。

中途採用者の場合は、できるだけ大人びて見えるようにした方が良いという意見もありますが、第二新卒はまだまだ新卒に少し毛が生えた程度と見る人事が多いです。

リクルートスーツがまだ家にある場合には、それがいちばん無難でしょう。

むしろ転職活動には、スーツ代以外に電車賃や車の駐車場代など思わぬ出費が掛かりますので、できるだけコストを抑える意味でもスーツ代は節約した方が良いです。

スーツに使うお金があれば交通費にあてたり、就きたい仕事に関係した資格を取ることなどにお金を使った方が良いでしょう。

第二新卒の場合にはリクルートスーツでも問題ないという認識をしておいてください。

無理に背伸びをして、スーツにお金をかける必要はありません。

 

スーツの色はどんな色が良いのか?

スーツはできるだけ華美でないものを選びましょう。華美でない服装とは、目立たない服装のことを指します。

紺色でも良いですし、リクルートスーツのような黒色に近いものでも大丈夫です。

女性の場合でも第二新卒の場合は同様で、ベージュや白よりも、リクルートスーツのような地味なスーツの方が良いです。

 

シャツの色は何色が良いのか?

面接時に大切なことは清潔感のある服装を心がけることです。白い色のシャツには清潔感があります。

スーツの下に着るシャツは基本的に白色にするようにしましょう。

ピンク色のシャツなども販売されていますが、面接時には白シャツが一番印象が良いです。理由としては無難だからです。

色のついたシャツを見て、印象が変わる可能性はありますが、白色のシャツで印象が悪くなることはまずありません。

また襟の形はレギュラーカラーやワイドカラーを選びます。

ボタンダウンやクレリックシャツはカジュアル過ぎるため、やはり定番のシャツを選ぶのが王道でしょう。

女性の場合も同様に白いシャツが一番無難です。

 

第二新卒でも髪の毛・髪型は男性は黒色短髪・女性はまとめるのが基本

面接時の髪の毛についてですが、できれば男性は黒髪で短めの髪形の方が良いです。

髪の毛が短くて面接で文句がつくことはありませんが、長くて文句がつくことはあります。

ただボウズはやめておきましょう。

面接時の身だしなみとして、髪の毛はできるだけ整えていくようにしてください。

また髪の毛の色はできるだけ黒色にしておきましょう。

ごくまれに髪の毛を染めたままで面接に来られる方がいらっしゃいますが、ほとんどの日系企業では髪の毛を染めた社員を歓迎していません。

面接が終わり内定を獲得した後に髪の毛を染めるようにすれば良いので、面接の場ではできるだけ髪の毛は黒髪にしておきましょう。

 

女性の場合はヘアスタイルが自由な会社も多い

女性の場合には染髪していても問題ないとする会社もあります。

男性に比べて服装規定は厳しくない会社も多いので、染髪していても内定が出る可能性はありますが、できれば黒髪の方が無難です。

とくに堅い企業などにはこの傾向が強いです。

 

第二新卒の転職活動にヒゲはやめておこう

面接時にヒゲをファッションとして生やしてくる方もいらっしゃいます。

ヒゲをはやしてくる方に関していえば、実力があれば採用しますが、実力に自信がない方は避けるようにしましょう。

面接時に大切なのは清潔感なので、ヒゲを不潔と見ます面接官も存在します。

とくに女性の面接担当者ですね。

また同時にヒゲを生やすと、食品関係の会社などは服装規定で落とされる可能性もありますので、注意してください。

 

第二新卒者の転職活動にカバンは関係ない

鞄に関してはとくに会社によって細かい規定はありません。

最近では流行しているリュックタイプのものでも構いませんし、フォーマルな通勤用カバンを活用しても問題ありません。

好きな鞄を活用するようにしてください。

選んだ鞄の種類で面接に落ちることはまずありません。

普段、会社への通勤で使用している鞄を活用するようにしてください。とくに鞄にお金をかける必要はないでしょう。

 

第二新卒の転職活動の時計はどんなものが良い?

時計に関していえば、あまりにも高級過ぎるものは避けるようにしましょう。

ブランドでいえば、ロレックスやタグ・ホイヤーなどは営業職の面接を受ける際には付けない方が無難です。

外資系生命保険会社などでは、お客様のつけている時計よりも高級な時計を身に付けないようにする、などの方針を掲げている会社もあります。

高給をうたい文句にしている会社では、お客様にあまりイヤラシイ印象を与えないことも重要です。

あまり高級な腕時計は避けるようにしてください。

第二新卒はまだ若いので、ブランド物の時計を面接時に無理をして着用する必要はありません。

 

面接での印象を左右!肌はしっかりとケアするようにしよう

アトピーなどの皮膚疾患はどうしても隠すことはできませんが、会社によっては敬遠される可能性があります。

とくに印刷会社などでは薬品かぶれが懸念されてしまいますし、製薬メーカーなどもお客様の口に入るものである以上、衛生管理体制をしっかりと整える必要性があるためです。

あまりにも手荒れやアトピーがひどいと、血などが製品に付着する可能性が高いため、双方のために採用することが難しくなります。

また肌のケアは普段からしっかりと行うようにしてください。

あまりにも肌のコンディションが悪いと体調が悪い、不健康そうだという印象を面接官に与えてしまうことになります。

 

第二新卒なら服装自由?これだけは絶対避けよう

どれだけ服装が自由な面接の場でも、これだけは絶対に避けてほしいのがダメージジーンズです。

ダメージがなくともデニムなどは避けるようにしてください。

カジュアルである、という理由もありますが、そもそもデニムは作業服がルーツ。

面接の場にはふさわしくありません。

「カジュアルでよい」といった場合、スーツでなくともジャケパンスタイルが基本でしょう。

ジャケパンスタイルは清潔感のあるカジュアルですからね。

服装自由であってもスラックスなどの方が印象は良いです。

ダメージジーンズは面接官にだらしない格好だと判断される可能性が高いですし、デニム生地はさすがにラフすぎます。

 

第二新卒のフレッシュさをアピール!身だしなみを整えて誠実さを示そう

面接時の身だしなみ全般にいえますが「自分がこんな格好の人を見たら印象が悪いだろうな」というような服装は控えます。

基本的に面接官は、服装だけで転職希望者を落とすことはあまりありません。

できる限り能力や人柄で判断したいというのが人事の本音です。

見た目が良くても誠実さがないという人材は敬遠されますし、仕事を真面目にしてくれる人を企業は求めています。

しかし現実問題として、面接の短い時間の中でその人の本質を見ぬくのはむずかしいもの。

そのため服装からも、面接者の考えや適応能力などの情報を読み取るしかありません。

企業に誠実さを示す意味でも、自分なりに整った身だしなみを心がけてください。

せっかく良い人材なのに、服装で悪い印象を与えてしまうと大損です。

まとめると、とくに何も指定がなければリクルートスーツで面接に挑むのが一番!

あとは企業に合わせればOKです。

なおこのサイトでは、服装のほかにも第二新卒の転職に焦点を当ててくわしく転職ノウハウをご紹介しています。

詳細は下記の記事一覧からぜひチェックして見てください。

>>第二新卒の転職ノウハウの記事一覧へ

-第二新卒転職ノウハウ
-, , ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.