第二新卒転職コラム

人事の本音!第二新卒の転職希望者を企業はどういう目で見てる?

投稿日:

第二新卒という短期での離職者について、企業の人事担当者がどう考えているのか、どう見ているのかはとても重要な問題ですよね。

気にせず挑戦するのがいちばんですが、人事担当者の評価が気になってチャレンジできないという方も多いでしょう。

今回は企業の人事担当者が、第二新卒者をどのような目で見ているかについてくわしくご紹介します。

 

人事はこう見る①第二新卒での転職は別に悪いことじゃない。

最初入った企業がどうしても合わなかったり、うつ病になりそうで辞めてしまったりすることもあるでしょう。

ほかにも嫌な先輩がいて辞めたいと思うことは誰でもありますし、別に悪いことではないと考えています。

何よりも終身雇用制度もすっかり崩壊してしまい、最近では人事部もリストラなどの後ろ向きな仕事に駆り出されることも多いので、うんざりしている人も多いでしょう。

つまりハッキリ言って組織に人生を捧げるという時代は、とうに終わりにさしかかっているというのが人事の本音です。

かつての日本の雇用は、若い間は低賃金で働いていても、出世して役職について会社に貢献していた分を取り返すというのがセオリーでしたが、今はその見返りを受けるべき中高年者も平気でリストラされています。

一番若くて労働力として魅力のあるところだけに時間を取られ、最後にリストラをされるという状況ですから、1社に対して一生を捧げることはリスクでしかありません。

実際に私の同僚も、某大手メーカーで人事の係長にまで上り詰めたあとに転職してきた人もいて、どんな企業に入っても何があるのか分からない時代です。

最近では人事担当者自身が、他企業からの転職経験者であることも当たり前ですから、かつての1社に捧げる時代は終わったと思ってよいでしょう。

 

かつては人事部だけは生え抜きだけだった

かつてはこの人事部という部署に、転職してくる社員は一人もいませんでした。

人事部の社員は新卒で配属されれば、社内では圧倒的なエリート扱いで、一番の出世コースになっている大企業も多いです。

しかし時代の変化に伴い転職する人事が急増しています。

繰り返しになりますが、ハッキリ言って1社で人生を全うするのはもう古いのです。

もちろん新卒で入社した会社に入って、人事に配属されて生涯を賭して1社の人事として勤め上げている人事部長もいるでしょう。

ですが価値観が変わっている時代に、彼らも今の時代にそぐわない采配を多々行うのが実態です。

大企業では人事の中に派閥が存在するのがふつうで、新卒からずっと人事をしてきた生え抜きの人事と、外部からやってくる外様の人事。

どの企業でも転職組の人事がいるおかげで、いまの第二新卒市場の活況があります。

古い価値観を持って人事部という聖域にふんぞり返る権限者に対し、逆に新しい風を吹かせる人事が増えており、さまざまな改革が起こっているのです。

1社にずっと勤めてきた新卒人事は、第二新卒に対してあまりよいイメージを持ちませんが、転職経験のある人事担当者たちは、第二新卒に対して偏見は一切ありません。

どの企業でも、現在では転職組の人事担当者が増えていますから、どんどん転職活動に挑戦してください。

 

人事はこう見る②大企業でもいきなり倒産する時代に突入した

最近では東芝の不正会計問題や、シャープのような大企業が台湾の企業に吸収合併されるといったニュースもよく見かけますよね。

このような変革により、ボーナスが激減したことで知られていますがそれだけではありません。

シャープの吸収合併先の台湾の企業であるホンハイは、リストラをしないという約束で買収したのですが、あっさり反故にされました。

大企業にいても安泰ではないのは、これらの事例を見てもはっきりしています。

吸収合併された会社の社員は、いやおうなしに閑職に追いやられますし、リストラされないだけマシという状態にまで追い込まれたことでしょう。

強制的に転職せざるを得ない状況に追い込まれる可能性は、大企業の社員にもあり得るということです。

いまは幸い景気が良いので、技術職などの技能を持った人材は、トヨタなどの大企業に転職できた人もいました。

ですが転職経験がないということは、これから先の時代では間違いなく大きなリスクとなります。

なぜなら企業が、終身雇用制度を維持できないのは明白だからです。

 

退職金を廃止したパナソニックを模倣する企業

退職金がなくなりつつあるのが良い例ですが、退職金制度はかつての終身雇用制度全盛期時代の名残で残されているもの。

パナソニックは退職金制度を完全に廃止して、普段の給料に少しずつ上乗せして先払いしていく形を採用しました。

つまりパナソニックは退職金を支給できる年齢まで社員を雇用する気がないということです。

退職金制度は日本企業の終身雇用制度の時代にはマッチした制度で、60歳で定年を迎えるため、それまでの勤続年数に応じて積み立てた退職金を支払うという形を採用していました。

しかし終身雇用する気がないのであれば、退職金目当てに働かない社員までが定年まで居座ろうとします。

これを嫌った経営陣は退職金制度を廃止して、いつでも好きなタイミングで会社を辞めて転職しても問題ないようにしたのです。

いつでもリストラできますし、退職金を払う必要もありません。社員はその分給与も高くなり、転職への自由度も高くなります。

リストラや転職希望者にかかる負担を軽くするために、退職金という古いシステムを廃止したということです。

 

給料が高くなったらリストラされる?解雇の実態!

私は人事部に所属しているため、リストラ業務を何度も経験しているのですが、後味の良いものではありません。

本人の能力と関係のないところでリストラを進める必要があるからです。

たとえば同じくらいの能力で、リストラ対象のAさんとBさんがいるとします。

勤続20年で二人とも42歳の非管理職です。

能力自体はとても高いのですが、新卒入社したのであれば、42歳という年齢なら課長職以上でなければなりません。

致命的なミスを犯したわけではありませんが、役員などに好かれていないことから出世を絶たれているのです。

Aさんは妻子持ちで、Bさんは独身です。

この時どちらかをリストラしなければならないと考えた場合、絶対に独身のBさんを人事部は切ります。

能力は同じなのですが、扶養家族がいると扶養家族に恨みを持たれる可能性が高くてリスクが大きく、訴訟リスクもあるでしょう。

また非情な判断をする会社だと会社ごと世間に糾弾されかねません。

 

人事はこう見る③転職を経験しておかないと大変なのはあなた

転職経験があれば、もしも会社を辞めろと言われても、他の会社の文化に馴染む方法などを身に付けていますから、なんとか他の会社でもやっていけると思います。

しかし何十年も1社で働き続け、転職経験がない人の場合は、なかなか転職先で馴染めないものでしょう。

自己都合の退職で辞めるときだけではなく、大企業ではリストラのリスクがだれにでもあります。

つまり1社に留まることは、じつはとてつもないリスクを抱えているということを覚えておいてほしいのです。

最近は転職をしても偏見がなくなったというのが世間的な見方かもしれませんが、人事の視点ではこう考えます。

「どうせ終身雇用はできないのだから、せめて若い戦力を集めて儲けられるうちに儲けるしかない。若手なら人件費も中高年に比べて安いし、そちらを活用した方がよほど企業は潤うし新しい発想もできる」

残酷ですが、どの企業でも同じ考えでしょう。

こうした事情から第二新卒採用の需要は高まっているので、偏見を持っている人事自体が少なくなりつつあるのです。

 

第二新卒者は人からの目を恐れずに転職にチャレンジしよう!

第二新卒の転職希望者の方は、本当に人事や世間の目を気にせずに、自分が好きな企業を受けていくことを強くオススメします。

リストラなどで、誰もが明日にでも仕事を失ってもおかしくないという時代に日本は突入しています。

そんなときに頼りになるのは、どこでも仕事ができるという能力と自信、そして変化に対応できる力です。

転職経験があればどの程度、他の業界で自分の実力が通用するかどうかを知る事ができますし、第二新卒の間であれば、多少冒険して未経験の仕事に挑戦もできるでしょう。

間や人事の目を気にすることなく、好きな仕事に就けるように努力してみてください。

このサイトでは他にも第二新卒の転職に焦点を当ててくわしく転職ノウハウをご紹介しています。

詳細は下記の記事一覧からぜひチェックして見てくださいね。

>>第二新卒の転職ノウハウの記事一覧へ

-第二新卒転職コラム
-, ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.