第二新卒転職体験談

転職エージェントの体験談!第ニ新卒で転職成功した理由

更新日:

私は以前、物流会社の営業職として勤務していましたが、新卒入社9ヵ月目に退職することを決意します。

世間はそんな私のことを「根性がない」と思うかもしれません。

ですが新卒で入社した会社を、短い期間で辞めようと思ったのにもちゃんとした理由があります。

 

転職エージェントに登録した理由!それは旧態依然の古い社風

当時日々の配達業務のほか、お中元やお歳暮などの営業をしていました。

ですがやりがいも感じず、誰かのためになっているとも実感ができずにいたことを覚えています。

さらにバイク便での配達中に、人身事故を起こした先輩社員の始末書を書かされたり、定時に残った仕事を上司に丸投げされたりすることも当たり前のようにありました。

23時ごろまで働いても、当たり前のように残業代はつきません。

またがんばって仕事を取ってきても、「指導力が素晴らしい」として先輩の手柄になることは当たり前。

「新入社員は避けては通れない会社の習慣」と聞かされていましたが、「同じことを自分の後輩や部下にしたくない」と感じ、会社への疑問は日に日に大きくなっていくばかりです。

 

有給すら取れないブラック企業

ある日、私は労働者なら誰でも活用できる権利であるはずの、有給を私は取得しました。すると上司からいきなり電話です。

「先輩たちが働いているのにのこのことよく休めるね」

「君の仕事を代わりに先輩たちがやっているんだよ?おかしいと思わないか?」

という言葉でした。私は「労働者の権利であるはずの有給も使えないのか」という会社への失望と同時に、何かが崩れ落ちていく感覚を覚えます。

この電話が「もう転職しよう」と思い、転職エージェントを探すきっかけになるのです。

ただ「入社1年未満で転職」という世間的な視線が恐かったのもあり、つぎが見つかるのか不安も大きかったことを覚えています。

 

転職エージェントとの二人三脚

当時一人暮らしをしており、貯金も少なくはありましたが、このまま無職になった方が私によいのではないかとも考えたこともあります。

ですが私はこれ以上この会社にいても幸せになれないし、未来を感じることは絶対にできず、何より自分自身がダメになっていくと思いました。

そして「まだ若いし、自分の可能性に賭けてみたい」と思い、退職する決意を固めました。

それがちょうど10月末の話です。

その後の先輩や上司、会社への目線は一気に諦めに変わったのですが、勤務しながら転職活動をすることは叶いませんでした。

完全に職を失ってからの転職活動するしかありません。

私は「無職」という期間を、可能な限り少なくするために、かならず1ヵ月で決着をつけると覚悟を決めました。

 

転職エージェントは相性で選ぶ

いざ退職後に転職活動を始めたのですが、まずは、大手・中小の人材紹介会社約5社に登録をし、転職エージェントとの面談を開始。

すると会社やエージェントによって、強み弱みがあることを知りました。その中で私が重要視したのは担当エージェントとの相性です。

私は元々ある程度自分で考えて行動したいタイプで、必要以上の電話営業を受けたりすることは、避けたいと感じていました。

つまり成果を急ぐエージェントは、自分のペースで転職できないということ。

そのため「相性」は私にとって大事な要素でした。

その中で、すべての業界に精通しており私の意向も組んで動いてくれるエージェントが見つかりました。

まさに直感が働いた瞬間で、そこから二人三脚での転職活動がスタート。

私は1月中に転職活動の終了をして、2月からの入社を希望していたため、エントリーから内定まで最低1か月かかると逆算できます。そのため積極的に気になる企業へのエントリーをしました。

少しでも興味を持ったらとにかくエントリーしたのです。わずか9ヵ月の社会人経験だったので、自分がどんな業種や職種から需要があるのかわからないため、できるだけなるべく多めにエントリーするようにしたのです。

 

量は大切!たくさんの面接の中で自分に合う会社を探す

実際に、一次面接で「この会社は違う」と思うこともありました。ですが「辞退はいつでもできる」ということを頭に入れ、とにかくたくさん受けていきました。

実際に「違う」と感じた会社は、一次面接後に何度か辞退したこともあります。

「選考」である以上、落ちてしまう企業は当然ありました。そのため選考結果に、一喜一憂していると精神的に参ってしまうので、冷静に受け止めることを意識しました。

また私の場合は入社希望日が比較的明確だったため、その入社日に間に合うように早めに選考を組むようにします。

会社によっては面接の回数や選考のスピードも違うのです。

そのためこの段階では、なるべく急ぎめで選考を進められるよう、転職エージェントをどんどん利用して相談していきました。

 

熱意を持って面接を受ける

2次面接が最終面接のケースもありますが、私が当時第1志望と考えていた転職先は面接が3回。早めに面接を受けたいこともやんわり伝えました。

ですが第1志望の会社の最終面接は、不甲斐ないでき栄えだったため、それをすぐに担当エージェントに連絡。

自分の熱意を電話で代弁してもらうべく、電話で第1志望の会社に入社したい思いを何度も伝えました。その理由は、熱意をまとめた書類をエージェントに提出すると、その企業に代弁してもらえることもあると知っていたからです。

私の熱意がどれくらい影響を与えたかはわかりませんが、結果的に第一志望の会社に内定をいただくことができました。

結局私の場合は、その会社の最終面接が1月最後だったため、その時に最終面接・条件面談・社意思決定まで一気に進んだのです。そして最終面接の約10日後には入社していました。しっかりと面接や条件面談内で気になることも聞け、安心して入社を決めることができたので、本当によかったと思っています。

第二新卒であっても不利なことなどなく、転職エージェントを活用して、妥協せずに気になる企業を受け続ければ、かならず転職は成功するはずです。

前職は1年も持ちませんでしたが、今の会社では既に何年も経験を積み、日々前向きに仕事ができています。

-第二新卒転職体験談
-, ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.