第二新卒業種

第二新卒からベンチャー企業へ転職するメリット・デメリットまとめ

更新日:

老舗の大手企業とは違い、つねに新しい分野や商品に挑むベンチャー企業。

アグレッシブな姿勢と、会社全体から感じられる活気と勢いは、独特の魅力があって憧れますよね。

もちろん新しいことにチャレンジするということは、それだけリスクがあるということでもありますが、仕事のおもしろさややりがいでは、一般企業を遥かに凌駕します。

ですから第二新卒でベンチャーへ転職するという選択肢は、とても素晴らしいことなのではないでしょう。

ただしだれにでも想像ができるように、一般企業とベンチャー企業の文化や体質はかなり違います。

この記事では、メリットとデメリットをくわしくまとめたので、後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

 

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、革新的なアイディアや技術を武器にして、これまでの市場にない新しいサービスや製品を作り出す企業のことを指します。

そのため一般的な中小企業とスタートの規模感が同じなために、同列として考えれることが多いのですが、根本的にはまったく違うものです。

企業規模は従業員100人以下程度の会社が多く、少数精鋭でスタートすることがほとんど。

新しい価値を生み出す、ということに主眼を置いている企業がベンチャー企業であり、決してIT系の新興企業のことだけではありません。

既存の仕組みや商慣習を破壊するような革新的な仕組みを目指す企業であれば、ベンチャー企業と呼べます。

ベンチャーキャピタルなどから出資を受けている企業をベンチャー企業と呼ぶこともあります。

いずれにしても、ベンチャー企業は新しい価値を想像するために奮闘しており、一般企業にはない大きなやりがいがあり、会社全体の雰囲気もイケイケで独特。

その反面、少ない人数で生産性を追求するために、激務であることは避けられません。

やりがいや報酬の大きさと業務量の多さがトレードオフの関係にあるといってもよいでしょう。

 

第二新卒からベンチャー企業へ転職する最大のリスク

ベンチャーへの転職のリスクは何といっても「将来的な不安定さ」です。

毎年、星の数ほどのベンチャー企業が生まれては消えていきます。ベンチャー企業への転職は、将来の保証がない状態で、会社全体でリスクを負いながら仕事をしなければならないということ。

華々しくメディアを賑わすたくさんのベンチャー企業も、かつては新しいサービスであるがゆえの法律の未整備や、金銭面などのリスクを取りながら仕事をしてきた歴史があります。

そのためこれから新しい価値を生み出そうとするベンチャー企業も、同様に多くのリスクを負いながらの仕事となるのは必須です。

逆に考えれば、リスクを負うからこそ、リターンも大きくなるということ。これは会社も社員も同じです。

安定して仕事を続けていきたいと考えている人には、ベンチャー企業は向いていません。

それくらい人も仕事も流動性があり、動きが激しいのです。

激務や職務上の重圧から、社員の在籍期間が一般企業にくらべると極端に短いのも特徴。会社自体が倒産してしまうこともあり得ます。

 

一般企業とのギャップ

立ち上げて伸び盛りのベンチャー企業では、手探りで毎日仕事をしている状態です。変化を楽しめる人でなければ、毎日の仕事のプレッシャーゆえに、すぐ辞めてしまうこともあるでしょう。

ルーチンワークが苦手な人には向いていますが、比較的落ち着いた会社で仕事をしてきた人には厳しい環境です。

これまでの前例やマニュアルは基本的にないため、つねに自分の頭で考えながら仕事をしなければなりません。ふつうの会社だったらこれくらいあるだろう、というようなものが全く用意されていない環境。

厳密にいうと現在進行系で変化し続けているので、整備をしようにもできないのがベンチャー企業なのです。

営業職なら得意先のリストがまだまだ整備されていないのは当たり前。というより自分たちで開拓しなければなりません。

総務人事部門であれば、給与計算のソフトだけは用意されていたとしても、過去の前例がないために、帳簿や会計を考えながら自分たちで入力する必要もあるでしょう。

基準などもつねに変化していることから、毎月の給与が極端に違う社員がいるのも当たり前。

中には社長との口約束で決まっていることだってふつうです。

ですがこれがベンチャー企業のあるべき姿ですから、ここを理解できる人以外にはむずかしいでしょう。

前職でマニュアルやガイドラインが、しっかりとした企業で仕事をしてきた人ほどギャップに苦しみます。

ですがここを乗り越え、仕事を作り上げるスキルを身に付けると、その後の仕事人生で役に立つことは間違いありません。

既存のものを運用し、ただただ回していくような仕事では本当の意味での仕事の力は身につかないのです。

だれにでもできるルーチンワークも、過去にだれかが1から苦しみ抜いて作り上げたもの。

そんな汗の結晶が、だれもが運用できるような形へと昇華させ、ルーチンワークとなっているのです。

今でこそ大企業と呼ばれる立派な会社も、過去には同様の問題をクリアしてきたからこそ安定した現在の姿があるのです。

仕事を1から創り出すベンチャー企業では、想像を絶するような苦難とともに、それ以上の面白さとやりがいが待ち受けています。

「その瞬間を見たい!味わいたい!」という人は、ベンチャー企業への転職に向いているといえるでしょう。

 

第二新卒からベンチャーへ転職するならインターンを経験しておく

ベンチャー企業では、ミスマッチ離職の人数の多さもさることながら、独特の職場風土が形成されているため、転職前に一度職場にインターンに行くことをおすすめします。

インターンは一週間程度の時間を確保してくれるベンチャー企業も多いので、離職中で時間があるのであれば職場の雰囲気を感じてみましょう。

在職中で忙しい方でも有給休暇を取り、できれば1日はインターンで職場の雰囲気を体験できれば、何も知らずに転職するよりもよいと思います。

とにかく実際に企業を見てみることが一番です。

 

転職エージェントに依頼すれば融通がきく

転職エージェントにお願いして、面接ではなく面談という形で、いっしょに働く予定の先輩と対談してもらう場を設けてもらう形をとるのでもよいでしょう。

一般的な企業とは違い、自分と合う合わないがはっきりと出るのがベンチャー企業への転職です。

もちろん最初から荒波に飛び込んで働く方法も、自分を追い込み、成長するためにもよいアイデアかもしれません。

苦労して働いた経験以上に、未来に役立つものはないのです。

ですが不安を感じている方なら、転職エージェントに一度相談してみる価値は十分にあるでしょう。

 

第二新卒からベンチャーへ転職する3つのメリット

ベンチャー企業へ転職するメリットは3つあります。

どれも社会人として働いていく中で、重要なことばかりで大変ではありますが、自分が成長するための糧になることばかりです。

 

メリット①どこでも通用する意思決定力とスピード感が身につく

メリットの一つ目は、ベンチャー企業で仕事をすることで、スピード感のある仕事のやり方を身に付けることができます。

ベンチャー企業では経営トップ層の意思決定が早いです。

ベンチャー企業での仕事は日々、毎日変化していきますので、スピード感のある仕事を求められます。午前中に下された指示が、午後になったら変わる「朝令暮改」は珍しくありません。

時間単位で決定が変わっていきます。

工場などの生産現場などでは生産変更などは日常茶飯事ですが、ベンチャー企業では事務系の仕事であっても、生産現場以上の指示変更や方針変更がなされるでしょう。

これを経験すると、多少のことでは動じないメンタル面のタフさと、臨機応変に突発仕事に対応できる柔軟な力が付きます。

 

メリット②無から有を生み出す力が身につく

二つ目は、ゼロベースでの思考法を身に付けられることです。

かんたんにいえば、まったく何もない状態からいきなり仕事を作り、会社全体に浸透させるような仕事上の力。

どの企業の経営者でも、社員に対して身に付けてほしい力が付きます。

ベンチャー企業では仕事のやり方もある意味では自由。

ある意味では滅茶苦茶な状態ですから、それを自分たちのアイデアで便利な形に作り替えたり、平準化のレベルで成果が出るようにすることで、定形外の仕事でもルーチンワーク化できるのです。

この能力を身に付けることができれば、新たに転職を考えたときに、市場でとても高い評価を得られるでしょう。

もちろん自分で独立して会社を立ち上げたいと考えている人には、とても役立つノウハウとなります。

 

メリット③給料も実力次第でどんどん伸ばすチャンス!

三つめは、給与アップ交渉が一般企業にくらべてカンタンであること。

一般的な企業と比べて、ベンチャー企業では給与の相場などありません。そのため社長や経営幹部層へ成果をアピールも社員数が少ないので、届きやすいです。

これがベンチャーの良さだといえるでしょう。給与も最低保証給が決まってても、成果を出せば交渉できるです。

とくに営業職などの稼いでくる職種であれば、売り上げを上げればその分給与を上げもらいやすく、アピールしやすいでしょう。

ベンチャー企業で仕事をすることで、どこにいっても求められる人材へと成長できるはずです。

 

第二新卒からベンチャーに転職する3つのデメリット

ベンチャー企業へ転職する上で、デメリットは3つあります。

 

デメリット①激務は確実

基本的にベンチャー企業はハードワークです。会社によっては毎日ギリギリの業務量で仕事をすることになります。

仕事も日々変化の連続なので、次々とやるべきことが変わるのは当たり前。

また人員も最小限ですから、一人当たりの仕事もかなり多くなり、抱え込むことになります。

それだけ個人の裁量権が多いということにもなりますが、定時ではまず上がれません。精神的・体力的にタフである必要があります。

 

デメリット②経営者次第ですべてが変わる

会社の成長が経営者に委ねられていることです。

大企業や一般的な中小企業ではあり得ないことですが、立ち上がったばかりのベンチャー企業では、すべてが社長の器で運命が決まります。

まだまだ小さな会社なのに傲慢で顧客無視も当たり前。ワンマンすぎる経営者であれば、あっという間に会社が潰れる恐れもあるでしょう。

かならず経営者の器を見極めて、転職活動を行うようにしたいですね。

 

デメリット③福利厚生の不十分さ

給与を含めた福利厚生はよくありません。

立ち上がったばかりのベンチャー企業は、給与交渉はしやすいですが、そもそもの給与が低いというケースもあります。

儲からないと給与は支払えないので、これは当たり前といえば当たり前ですが、ふつうの会社にはあるような福利厚生も全くないという状態です。退職金がある会社もほとんどないでしょう。

ボーナスがない、というような会社もベンチャー企業では当たり前に存在しますので、待遇面はしっかり確認したいですね。

ただこれはもちろん黎明期でのお話。

ある程度以上に会社が成長すると、ほかの企業では考えられないほどの給与や福利厚生が得られるリターンもあります。

リスクとリターンはトレードオフ。ベンチャー企業に限らず、この原則は世の中の摂理です。

 

第二新卒からベンチャー企業への転職は転職エージェントを活用しよう!

お金がないのが当たり前のベンチャー企業だからこそ、良い人材を大枚をはたいてでも手に入れたいと考える会社は成長します。

企業が成長するのもしないのも、すべては人とアイデア次第です。優秀な経営者ほど、採用がすべてだと言い切るほど。

転職エージェントを活用すれば、転職した人材の年収の30%が採用経費としてかかります。企業がエージェントに支払う金額は、年収300万円の人を採用したとすれば90万円以上の大金です。

「それを支払ってでもいい人材に来てもらいたい」と考えているベンチャー企業は伸びる可能性が高いでしょう。

人材にお金を使う覚悟のある経営者なのかを見極めることにもなりますので、転職エージェントを活用して、人に対して投資する覚悟のある会社かどうかを見定めることをおすすめします。

 

まとめ

ベンチャー企業への転職は、一般的な大きな企業と比較して将来的な不安定さなどのデメリットがありますが、その反面に自身の成長のスピードやなんでもやれる風土など魅力もたくさんあります。

また将来的に事業を興したいと考えている人も、多くの方がベンチャー企業を経験して独立していきます。

ベンチャーの転職に興味がある方は、転職エージェントと二人三脚での転職活動がおすすめです。

もちろん第二新卒に特化した転職エージェントなら、履歴書や面接対策、インターンへの斡旋等の対ベンチャー企業向けのサポートも充実しています。

第二新卒の転職におすすめの転職エージェントについては、下記の記事でくわしくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

>>【3社だけでOK!】第二新卒の転職活動で使うべき転職エージェント

-第二新卒業種
-, ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.