第二新卒転職コラム 第二新卒転職ノウハウ

第二新卒でホワイト企業に転職するコツとは?ブラック企業を回避しよう

投稿日:

ブラック企業という言葉がようやく認知され始めた昨今、よく考えてみると「自分の会社ってまさにブラック企業なのかも」と気づく瞬間が訪れます。

終わらない残業、働かない上司、取れない有給休暇、といった具合に典型的なブラック企業で、今すぐにでも辞めたいという気持ちもあるのではないでしょうか。

ですが新卒からそんな企業で働いていると、ホワイト企業なんて神話か寓話でしかない気もしてきますよね。

でも安心してください。おとぎ話ではなく、ホワイト企業はちゃんと存在しますし、あなたが転職することも十分に可能です。

第二新卒でホワイト企業へ転職するなら、企業の特徴を掴みさえすれば内定をもらえますよ。

今回は第二新卒のホワイト企業への転職についてくわしくご紹介します。

 

ホワイト企業ってどんな会社を指すの?第二新卒からでも狙えるか!?

一般的にホワイト企業とは、残業がほとんどなく年間休日120日以上の企業を指します。

仮に残業が一切なくとも、年間休日が100日を切るような企業であれば週に2日の休みも取得できません。

年間休日が120日以上で、123日以上あれば3日に1日は休みという計算になりますよね。

土日祝日がしっかり休めれば、仮に残業が多少多くても乗り切れます。土日でリフレッシュができますし、金曜日の夜からリラックス体制に入って、疲労を抜くことだって可能です。

正反対に土日が完全に休みでなく、しかも祝日も休めないような企業であれば、疲労が全く抜けません。土曜日に出勤があるとそれだけで損した気分にもなります。

とくに想像してみて欲しいのですが、土曜日に会社への通勤電車に乗ると、周囲は楽しそうなのに自分だけ仕事というしんどい状況に陥りますよね。

今まさにこんな状態、といった人もいるのではないでしょうか。

この状態が慢性化するとストレスと疲ればかりが蓄積してしまいます。

ですがホワイト企業であれば、そんな心配はありません。

 

忘れてはいけないボーナス!

ボーナスの支給の有無もしっかり確認するようにしましょう。ボーナスのない会社に転職すると、年に2回のインセンティブがないということ。

とくに大手企業に在籍していて、これから転職しようとしている人は要注意です。ボーナスが支給されるのが当たり前だと思っていませんか?

年俸制を取ることで、ボーナスのない企業もたくさんあります。

大手だからボーナスが支給されているという側面も少なからずあります。とくに中小企業やベンチャー企業には労働組合がないことも多く、賞与が支給されない企業は多いです。

もし残業なしで土日祝が休みでも、ボーナスがないとなんとなくモチベーションが続きません。

もちろんボーナスはなくても、年収で考えて給料がいいなら問題はないので、最終的には年間を通して考えましょう。

労働に対して、相応の対価を与えてくれる企業であれば、この先もずっと働き続けられるはずです。

こんなホワイト企業ですが、第二新卒でも十分に転職は可能なので安心してください。

むしろ将来が有望な第二新卒こそ、企業は求めていると思っていいですよ。

 

またブラック企業にあたった…とならないために!特徴と見抜き方をご紹介!

ブラック企業にはさまざまな定義があります。

月間80時間を超える残業が、3か月以上連続するような会社は、法律上でもブラック企業でしかも違法です。

上司の力が強すぎて、パワハラが社風となってしまっている会社では、個人の尊厳などは無視される傾向にあります。

こういったブラック企業は、入社の前に察知する方法があります。

それは内定をもらったら、まず職場見学に行くという方法です。

面接時に残業は一切ないと聞いていたのに、入社したら残業まみれでパワハラばかりだったという話はよくある話。

もしまた悪い職場に捕まってしまえば、また退職して転職活動をするハメになるでしょう。

逆に良い職場に転職できれば定年までしっかりと勤めれば良いので、転職を繰り返す悪いループに入らないで済みます。

そのためには、必ず職場見学を内定をもらった会社にお願いしてください。

繰り返しますが、転職前に会社の下見をせずに、今在籍している会社に退職届を出すともう戻れません!

絶対に下見してください!

転職というと一生のことなのに、下見もせずに面接の印象だけで内定が出た企業に行くことは、ギャンブルと同じだといえます。

とくに第二新卒の場合は、前職を短い期間で退職しています。第二新卒の転職でブラックに引っかかってしまうのはもったいない話です。

短い職歴が二つになってしまう上に、転職を繰り返す人生の始まりになってしまうことに。

転職を繰り返すことは決して悪いことではありませんが、その期間が短すぎれば、のちのキャリア形成に大きな障害になってしまう可能性も高いです。

 

職場見学で見るポイント①世間の流れに逆らっている社風の会社か?

たとえば内勤部門の社員が、真夏でもスーツにネクタイをさせられているような会社を例に挙げます。

いまでは冷房代の節約とCO2削減のために、クールビズを積極的に活用することが求めれているはずです。

それなのに夏でもスーツとネクタイを強要するような会社もあります。

世間に合わせようという意識があまりなく、このような企業は以下のような問題を抱えていることが多いです。

こんな問題がある会社は危険

【問題①】残業を減らすのが現在の風潮なのに、残業をしなければ評価が下がる人事評価制度を運用している。

【問題②】有給休暇の取得が当たり前なのに、取得を渋る幹部がいる。または有給休暇を取得すると評価が下がる。

ふつうの企業であれば、有給休暇が評価に影響を及ぼすことはないのに、欠勤と同じような扱いを人事考課で行っている。

【問題③】経営者がワンマンで人の話に耳を貸そうとせず、自分が一番正しいと思い込んでいる

世間が当たり前に行っている事を、あえて反目して貫こうとする姿勢は立派ですが、いまの社会情勢が分かっていません。

これではいずれ会社に社員が定着しなくなるでしょう。

社会は常に変化していますし、これからの企業は変化の荒波に打ち勝っていかなければなりません。

 

職場見学で見るポイント②職場が汚いく5Sが徹底されていない。

仕事をするデスクの清潔さは仕事の基本です。

職場が汚いということは、それだけ余裕なく仕事を詰め込まれていて、精神的な余裕がないからでしょう。

就業中に余裕のあるような仕事量の会社であれば、職場の清潔度は向上していくのがふつうです。

異常に汚い机の社員ばかりが在籍している企業には要注意です。また現場も見て回るようにしましょう。

現場が汚れているのが当たり前、という会社には転職しないのが無難です。

汚れを放置してしまうと、その汚れている状態が当たり前になり、環境が悪化していきます。

その細かな環境の変化に、目を光らせる社員がいないことにも危機感を持つべきなのですが、そもそも社員が育っていないということでもあります。

5Sは人材育成にもつながってくるということです。設備異常に気付くためにも大切な精神なので、この5Sの意識のない職場は安全意識もなく危険です。

5Sとは

「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」のこと

 

職場見学で見るポイント③火曜日の夜中23時でも煌々と電気がついている

月曜日は休み明けで仕事が溜まりやすく、月・火のどちらかが残業になることが多いでしょう。

また月曜日は仕事のスピードが遅くなりやすいことから、遅れた仕事を火曜日の朝にこなそうとする働き方も増えています。

そのため土日休みの企業であれば、火曜日に一番残業時間が伸びる傾向があります。この火曜日の夜中を見に行ってみるのも参考になるでしょう。

できれば2週続けてチェックしてみるといいかもしれません。

いまは残業禁止が社会の潮流なのに、2週続けて夜の21時以降に電気がついていれば警戒すべきかも。

外からどう見られるかを全く気にしていないからで、現在の風潮から頻繁に21時以降まで残業させるのは、よほど景気がいいか仕事量が多すぎるということ。

企業によっては時間になれば強制的に電気を落としていることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

職場見学で見るポイント④社員の顔色を見てみよう

職場見学で見るべきは社員の顔色です。なんとなく暗い顔をしていたり、覇気のない社員が多い会社も危険です。

激務によって疲れている恐れが高いといえるでしょう。

今ブラック企業で働いている人なら、すぐに判断できるはずです。

 

鬼門ワード1位「アットホームな職場」は信用するな

求人票に「アットホームな職場」などの抽象的な言葉が載せる企業は、ブラック企業であるケースが多いとされています。

「働きやすい職場です。」「アットホームな職場です。」「お休みが取得しやすい仕事場です。」「先輩がみんな優しい会社です。」「初心者でも安心、未経験者でもしっかり育てます。」「雰囲気のいい職場です。」

これらの言葉が複数見られる求人票には警戒すべきでしょう。

もちろん求人媒体の営業マンが文言を考えることもあるため、一概にはいえませんが、鬼門ワードであることに間違いはありません。

曖昧な言葉を求人票に載せる会社の人事担当者の心理はこうです。↓

「うちの会社、ボーナスもないし、休みも少ないしな。どこをアピールポイントにしたらいいんだろうか。大手みたいにはできないな。

そういえばあの職場の○○さんは新人から人気もあるしどうせ彼に教育を任せるのだから、先輩が優しいとか労働条件以外でアピールしよう。

職場時代の雰囲気は悪いけどいい先輩がいるのは間違いないだろう。」

労働条件が悪い企業にいい人材が来るということは市場原理的にあり得ません。

労働条件が悪いということは、紛れもない事実なので、できるだけそのことに触れないようにして転職希望者を増やしたい考えが透けて見えます。

本当の優良企業であれば、労働条件を掲示しただけで人が勝手に集まってくるので、このようなことはしません。

働き甲斐のある会社であれば、仕事にやりがいが生まれるため、自然と良い循環に入っていきます。

働き甲斐を創出するのは、良い労働環境です。

良い労働環境があってはじめて全力で仕事に打ち込めます。

悪い求人は具体的な労働条件で勝負できない企業の曖昧すぎる求人のことです。

労働条件が低ければ低いほど良い人材は集まらないので、とても働きにくい職場となってしまっています。

 

第二新卒の転職を成功させる!良い求人の見抜き方とは

労働条件を具体的に示せる求人が良い求人であり、ホワイト企業です。ホワイト企業の場合にはまず労働条件から考えて求人を打ちます。

ホワイト企業の人事担当者の考え方はこうです。

「どれくらいの年収なら来てくれるだろうか。32歳以上だから熱意もあって経験もある人が採用できればすごく嬉しい。

お子さんもいる年齢だから扶養手当を入れれば年収450万円くらいで処遇すればいまいる社員とも平等にできるしな。

転職当初の年収は低くても評価を試用期間終了後にすれば少し給料も上げられるだろう。試用期間終了直後の賞与は少ないけれど、2回目のボーナス支給時にいまいる社員と同じか少し多めにすることで年収は調整しよう。

よし、これで採用の決済をとろう!決済が通ったら、転職エージェントの○○さんに連絡しよう。」

先に採用したい人の人物像を決めて、見合う条件を待遇を示すのがホワイト企業の特徴です。

ホワイト企業と呼ばれる会社は、できるだけ労働条件に見合う人を採用するために、求人広告に掲載可能な手当てやボーナスを掲載し、ありのままの条件を提示します。

決して盛ることはなく、その会社の強みと求める人材の条件、そして待遇を提示するのです。

募集する条件に見合った人材しか来ないことを知っているからこそ、ありのままの条件で募集をする、それがホワイト企業でしょう。

逆に考えると、あなたが条件に見合った人材でなければ採用もされません。

いい意味で対等な関係というわけです。

 

ホワイト企業に転職したい第二新卒は転職エージェントを活用するべし

転職エージェントの求人にはホワイト企業が多いですが、これは当然の話です。

第二新卒でも良い待遇で採用したいと考えていれば、転職エージェントで少し割高の採用経費がかかったとしても、将来に十分ペイきます。

そもそも良い労働条件で採用したいと思っている企業が、採用経費を節約するために転職サイトやハローワークを活用することはありません。

ホワイト企業の採用担当者は、お金に絡む労働条件の話を考えるからです。相応の条件には相応の人材が来ることをよく知っています。

転職エージェントを積極的に活用する事で、ホワイト企業への内定獲得を目指しましょう。

第二新卒の方にオススメの転職エージェントは、下記の記事でくわしくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

>>【3社だけでOK!】第二新卒の転職活動で使うべき転職エージェント

-第二新卒転職コラム, 第二新卒転職ノウハウ
-, , ,

Copyright© 第二新卒転職のABC , 2019 All Rights Reserved.